マリオカート8 コース攻略動画-MK8.info

マリオカート8のおすすめカスタマイズ

マリオカート8のおすすめカスタマイズ mk8.info

カスタマイズの基本

加速は小数点切り捨てです!

カスタマイズする上で必須の知識です。カスタマイズの1メモリは4つに分割されているのですが、加速だけは端数切り捨てになります。例えば加速が2.75あったとしても2になります。加速だけは極力メモリに合わせるようにしましょう。

 

参考

マリオカート8 加速と重さとスピードの考察

 

基本は加速3、重さ4

対戦では加速と重さが重要なポイントになります。アイテムを被弾してからの復帰や、ライン取りで弾き飛ばされないようにするためです。加速3、重さ4を基本に、あとは腕とも相談しながら曲がりやすさやスピードとのバランスを考えます。

 

最低ラインは加速2、重さ3です。ただし、これはオールマイティなおすすめのカスタマイズです。加速を5にして復帰重視や、重さを5にしてスピードと体当たり重視でも面白いと思います。

 

加速とスピードとすべりにくさのバランス

加速は1メモリ差で0スタートなら7~8車体分、スピードは1メモリ差で1周無傷で走ると15車体分ぐらいの差が生まれます。

 

参考

マリオカート8 加速と重さとスピードの考察

 

加速2、スピード4.75の上級者用カスタマイズその1と、スピード4.25、加速3の中~上級者用カスタマイズを比較すると、スピードは0.5差なので1周無傷だと7~8車体分ぐらいの差が生まれます。加速差は0スタートで7~8車体分ぐらいなので、1周1回被弾するとチャラになります。1レース3回被弾すると同じぐらいということですね。

 

被弾が少なくなればなるほどスピード重視の上級者用カスタマイズが有利になります。1レース平均で自分がどれぐらい0スタートになっているのかを確認して、加速を上げるのかスピードを上げるのか考えると良いと思います。

 

すべりにくさも重要なポイントで、すべりやすいコースやゲッソー時の操作感が大きく変わります。曲がりやすさよりもすべりにくさを重視した方がタイムが伸びると思います。

 

ここではネタバレを防ぐために隠しキャラやパーツは紹介しておりません。隠しキャラやパーツは一部を除いて初期と性能は変わらないので、最初から選べるキャラとパーツでの組み合わせのみ紹介です。

 

初心者向けおすすめカスタマイズ

初心者用カスタマイズ

 

マリオルイージ

 

キャラはマリオとルイージのどちらでもかまいません。スタンダードバイクにローラータイヤ、パラフォイルの組み合わせです。カイトは重さが増えないものであればどれでもかまいません。重さが増えるカイトは加速が減るので注意です。

 

加速を4にしてコースアウトや被弾したときの復帰を重視しています。曲がりやすさも多いので、初心者にオススメです。加速4ではもっともスピードのある組み合わせです。ドンキーコングやワルイージを使って加速4、重さ3で同スピードの組み合わせも可能ですが、こっちは曲がりやすさが減るので初心者にはマリオとルイージでの加速4カスタマイズがオススメです。

 

ボディはバイクではありますが、スタンダードバイクはドリフトバイクなので操作感はカートと変わりません。

 

オーソドックスなおすすめカスタマイズ

オーソドックスカスタマイズ

 

マリオルイージ

 

キャラはマリオとルイージのどちらでもかまいません。スタンダードバイク、ノーマルタイヤ、スーパーカイトの組み合わせです。加速3、重さ3.25で曲がりやすさとスピードもそこそこあるオーソドックスなオススメのカスタマイズです。コーナリングは中~上級者用や上級者用カスタマイズよりも攻めやすくなるので、中~上級者用から上のカスタムではコーナーを攻めきれないようであればこちらの方が早くなると思います。適性を測るにはまずこのカスタマイズからですね。

 

中~上級者用おすすめカスタマイズ

中~上級者用カスタマイズ

 

ワルイージドンキー

 

キャラはワルイージとドンキーコングのどちらでもかまいません。Gフォース、ローラータイヤ、スーパーカイトの組み合わせです。加速3、重さ4で曲がり難くはなるもののスピードがそれなりにある組み合わせです。曲がりやすさ3は慣れるまではギリギリコントロールできるぐらいの性能と思います。ドリフト中にブレーキを使うこと(減速ドリフト)を覚えると一気にコントロールが楽になります。ただ、上級者用カスタマイズその2の劣化版に近くなります。緊急回避の部分では上級者用その2よりこちらの方が有利ですが、それ以外は上級者用カスタマイズその2の方が上になります。

 

上級者用おすすめカスタマイズ

その1

上級者用カスタマイズ

 

ワルイージドンキー

 

キャラはワルイージとドンキーコングのどちらでもかまいません。Gフォース、ノーマルタイヤ、スーパーカイトの組み合わせです。中~上級者用から加速が1下がり、曲がりやすさも下がった代わりにスピードとすべりにくさが増した上級者仕様です。曲がりやすさは2.75あれば慣れてくればまだ曲がりやすい部類に入ってきます。中~上級者用カスタムからはすべりにくさが増したのが大きいですね。たったの0.25差ですが、ホネホネ、カラカラ、スノーマウンテンなど、すべりやすいコースでのコーナリングが楽になります。重さも4.5あるのでそう簡単には当たり負けしません。

 

ただ、加速が2になるので立ち回りが最重要になります。被弾3回までならスピード0.5増した方が早いです。すべりにくさもプラスされるので、1~2回被弾であれば中~上級者用カスタマイズよりもこちらの方が早くなります。3回以上の被弾だと中~上級者用カスタマイズの方が早いですね。とにかく被弾を避ける立ち回りを重視しましょう。僕が好んで使用しているカスタマイズになります。

その2

上級者用カスタマイズ

 

クッパワリオ

 

キャラはクッパとワリオのどちらでもかまいません。Gフォース、ローラータイヤ、パラフォイルの組み合わせです。加速3、重さ4.25は中~上級者用とほとんど変わりませんが、曲がりやすさが減る代わりにスピードが増した上級者仕様です。コースを走る分には減速ドリフトを覚えれば中~上級者用と操作性はそれほど変わらないですが、ラインが乱れたときやバナナやボムへいなどのとっさの回避時に曲がりやすさの少なさが影響してきます。すべりにくさも2しかないのですべるコースはコーナリングがキツくなります。上級者用その1のように加速を2にすればすべりにくさを増やすことも可能ではあるのですが、最重量級はサイズが大きく被弾しやすくなるので、加速3の方が順位が安定すると思います。

 

番外編

対COM戦用おすすめカスタマイズ

対COM戦用カスタマイズ

 

マリオルイージ

 

キャラはマリオとルイージのどちらでもかまいません。パタテンテン、ローラータイヤ、パラフォイルの組み合わせです。グランプリなど対COM戦用のおすすめカスタマイズになります。COMはどうやらプレイヤーの速度に合わせて付いてくるようです。つまり、上級者用のカスタマイズでスピードを上げても独走することは難しいということです。そこで、スピードよりも加速を重視して加速5でもっともスピードが出る組み合わせがオススメになります。加速が5なので被弾してからの復帰が早く、接戦でのCOMに抜かれ難いカスタマイズです。グランプリ★★★を獲得するのにオススメな対COM戦用カスタマイズです。

 

サンダードリフト練習用おすすめカスタマイズ

サンダードリフト練習用カスタマイズ

 

マリオルイージ

 

キャラはマリオとルイージのどちらでもかまいません。Gフォース、リングタイヤ、スーパーカイトの組み合わせです。加速は2になりますが、重さ4でスピードと曲がりやすさがそれなりにあります。被弾が多いと厳しい組み合わせですが、十分戦えるカスタマイズです。このカスタマイズの特徴はキャラがマリオとルイージという中量級のキャラになるため、サイズがワルイージやドンキーコングと比べて1サイズ小さくなることです。キャラが小さくなり曲がりやすさも増すため、コントロールがしやすくなりサンダードリフトでのコースアウトが減るようになります。オーソドックスではスピードが物足りないけど中~上級者用から上ではサンダードリフトがやり難いといった腕みがき中にオススメなカスタマイズです。

 

マリオカート8 おすすめカスタマイズまとめ

結局どれも同じ

キャラやパーツは隠しが一杯あるのですが、基本的には初期キャラやパーツから性能は変わりません。一部キャラやパーツは初期にはないステータスがありますが、一長一短で初期のものとそう変わりません。そのため、隠しキャラやパーツが出たからといって強くなることはありません。

 

最終的にはカスタマイズで優位に立つのは限界があり、腕を磨くしかないとなります。ここではカートとドリフトバイクしか紹介していませんが、ハングオンバイクのカスタマイズも同じです。

 

まずはオーソドックスからスタートして中~上級者用を使えるようになったらサンダードリフトを練習してさらなるレベルアップを目指しましょう!

ページTOPへ

ホーム RSS購読