マリオカート8 コース攻略動画-MK8.info

マリオカート8 スーパーミニターボ早溜めコツ

マリオカート8 スーパーミニターボ早溜めのコツ mk8.info

スーパーミニターボの早溜めは高レートになればなるほど必要になってくるテクニックです。サンダードリフトほど必須というわけではありませんが、高レートでも差が生まれるテクニックとなります。

 

スーパーミニターボ早溜め

 

スティックを真横ではなく斜め45°ぐらいにすることで角度をあまり付けずにターボを溜めることが可能です。上手い人はラインを調整して逆ハンドルを抑えることでもっと早く溜めています。僕はそこまでライン精度が高くないので角度を抑えてスーパーミニターボやミニターボまで繋げられるぐらいで早溜めとまではいかないですね。早溜めできているのは一番最後のドッスンいせきのスーパーミニターボぐらいです。

 

しかしそれでも出来る出来ないでは差が生まれるようになります。

 

早溜めは実際にはターボが早く溜まるわけではありません。あくまでも角度が浅くてもターボが溜まるだけです。早く溜めるには逆ハンドルを極力行わない必要があります。

 

スーパーミニターボ早溜めの練習方法

動画の一番最初、SFCドーナッツへいや3の最初の右コーナーで早溜めを練習します。左早溜めは少し難しいので、まずは右から慣れて左を練習します。ドーナッツへいやは少し余裕があるので早溜めがしやすいコーナーです。少し手前からドリフトを開始して右に切るときはスティックを斜め45°にします。逆ハンドルも切りながらラインを調整して、右に切るときは必ず45°です。上手く行けばスーパーミニターボまで繋げられます。

 

コツとしては僕は右下にスティックを倒すようにしています。上側よりも下側を使った方がスティックを安定させやすい気がするからです。上側と下側の両方を試して自分のやりやすい斜め45°を見つけると良いと思います。ドーナッツへいやで出来るようになると、ウォーターパークの最初の右コーナーもスーパーミニターボに繋げられるようになります。

 

左コーナーの早溜めは動画の一番最後、ドッスンいせきの2回目のトンネルのなかの左コーナーで練習します。ここはライン取りも比較的簡単で、真ん中の線とコインを目安にします。真ん中からコインを3枚取るようなイメージでドリフトを開始し、スティックは左斜め45°固定。ここはスーパーミニターボが溜まるまでスティックを極力動かしません。逆ハンドルは切らないようにします。スーパーミニターボが溜まったら右へ向かってジャンプ2~3回のサンダードリフトです。その後はドッスンいせきのコース攻略のタイムアタックを参考にして下さい。

 

ドッスンいせきは早溜めのオンパレードで、動画で紹介している3ヶ所で早溜めを行います。1、2ヶ所目ともラインの関係で1週目しかやらないのですが、右左両方の早溜めが練習できます。早溜めはサンダードリフトよりも難しいので、感覚を掴むまでシッカリと練習しましょう。

ページTOPへ

ホーム RSS購読