マリオカート8 コース攻略動画-MK8.info

マリオカート8のアイテムの使い方

マリオカート8のアイテムの使い方(立ち回り)を攻略! mk8.info

アイテムの基本

ラインよりもアイテムBOX重視

まずはアイテムを取るところからです。イン側のアイテムBOXは狙われやすいので、前が密集していればアウトへ流れて確実にアイテムを所得します。中位~下位であれば大外になってもかまわないのでアイテムは確実に所得しましょう。逆に1位だとベタイン側のアイテムBOXを狙います。2~3位ぐらいだと1位との距離によりけりですね。距離が詰まっていれば良いアイテムが出る可能性は低いのでアイテムBOXよりベタイン重視したりしますが、基本はラインよりもアイテムBOX重視です。ベタインで多少早くなるよりもダッシュキノコや防御アイテムによって無駄な被弾を避ける方が重要です。

 

アイテムルーレットはアイテムボタンをタイミング良く押して早止め

アイテムBOXを取ったときのルーレットはアイテムボタンをタイミング良く押すことで早く止めることができます。後ろの相手が先にアイテムを引いた自分よりも先に赤甲羅を打ってきて防御が間に合わないのはこのせいです。ピロリロリロピぐらいのタイミングですね。何も押さなければピロリロリロ×5でルーレットが止まります。ピロリロリロピを越えるといつアイテムボタンを押しても止まるので、最短に失敗したらすぐ押し直しましょう。連打でアイテムを使わないように注意です。

 

防御が重要!

レートが高くなってくると皆早いために距離間が近く1発被弾すると一気に順位が下がります。止まってると狙われやすくなるので、立て続けに攻撃を喰らって(デスコンボ)1位から最下位まで落ちることも珍しくありません。そのため、被弾しないことがなによりも大切になります。バナナや甲羅といった防御アイテムは少なくても次のアイテムBOX手前まで保持するようにしましょう。アイテムボタンを押し続けると後ろにぶら下げたまま走れます。

 

大事なことなのでもう一度。防御が何より重要です!

防御アイテムを次のアイテムBOXまでぶら下げることは慣れてくれば皆がやってくるようになります。それが例え赤甲羅でも次のアイテムBOXまでぶら下げることは珍しくありません。つまり、アイテムBOX手前で赤甲羅を使われる可能性が高いとなります。このときに自分も防御アイテムを使ってアイテムを取ると、後ろからの赤甲羅を防ぐことができません。

 

自分の前後の相手のアイテムが何なのかをGAMEPADでできるだけ確認するようにしましょう。後ろが赤甲羅であれば防御アイテムは使わずにそのままぶら下げます。防御アイテムを持っていないときは距離によってはブレーキを踏んで前を譲ります。赤甲羅3個だと間違いなく譲った方が良いですね。

 

緑甲羅だと脅威は大分減るので、Xボタンを押して後ろを確認し、大丈夫そうであれば防御アイテムを使ってアイテムを変えたりします。

 

逆に赤甲羅を使うときも後の相手が赤甲羅を持っていないか、前の相手が防御アイテムを持っていないか確認します。後ろが赤甲羅を持っていたら使わずにぶら下げ。前が防御アイテムを持っていても使わず保持です。前後が何も持っていなければタイミングを図って使います。

 

赤甲羅は無駄にぶら下げない

バナナや緑甲羅は何も考えずにそのままぶら下げても良いのですが、赤甲羅だけは後ろが赤甲羅を持っていなければぶら下げないようにします。ぶら下げて走ると後ろから体当たりをされたときに無くなってしまうことが多々あります。体当たりした相手はスピンするので良いと言えば良いのですが、上位を狙うのであれば赤甲羅だけは後ろではなく前との距離を詰めるために使うべきです。接触で無駄に使用してしまうことを避けるために、赤甲羅だけは無駄にぶら下げないようにしましょう。

 

空中で落とそう!

赤甲羅はできるだけ滑空している相手を狙って使いましょう。落ちてジュゲムに引き上げられてと復帰までに時間が掛ります。例えば、サンシャイン空港だと2回目の滑空エリアで赤甲羅を使います。最初の滑空エリアは移動スピードが早くタイミングが難しいので、2回目です。アイテムBOXの手前で使えるのでアイテムの取り逃しもありません。

 

サンダーも同様で、できるだけ滑空している相手が多いときに使います。あるいは、皆がアイテムを取り終わった頃ですね。もっとも効果的なタイミングを狙って使いましょう。

 

ダッシュキノコの使い方

ダッシュキノコはショートカット以外にリカバリーにも使えます。後ろが赤甲羅なら使わずに保持し、被弾したときに使うことも選択肢の一つです。ショートカットや直線でのサンダードリフトとどちらが効果的か判断が必要です。

 

また、アイテムは距離制です。1位との距離によって出るアイテムの確率が変わり、距離が遠いほど良いアイテムが出やすくなります。そのため、コースや順位によってはキノコを使わずに保持したまま最後のショートカットに使うことも考えます。例えば、スイーツキャニオンで5位ぐらいのときにダッシュキノコ3個を所得。次のアイテムBOXまでに3位に上がったので、1つ使わずに保持したままドーナッツのショートカットを使って2位に上がったことがあります。

 

3位だと良いアイテムが出る可能性が低くなるので、それよりはダッシュキノコ1個でのショートカットを選んだわけです。

 

1位のときは防御アイテムを無駄にぶら下げない

1位のときは防御アイテムを無駄にぶら下げないようにします。1位だとトゲゾーがくる可能性があるのですが、トゲゾーは防御アイテムでは防げないばかりかぶら下げたまま被弾するとぶら下げたアイテムも無くなってしまいます。スピンで止まると狙われやすいので、防御アイテムが無くなるとその後の攻撃で一気に下位まで沈むことも珍しくありません。1位のときは赤甲羅の警告が出ない限り防御アイテムはぶら下げないようにしましょう。

 

攻めのバナナ!

1位のときはバナナの使い方が重要になります。後ろが赤甲羅を持っていなければ、防御アイテムを保持し続ける必要はありません。もちろんアイテムでコインがでる可能性も高いので、バナナを使うと防御アイテムを失う可能性も高いのですが、後ろが赤甲羅を手に入れる可能性もそれほど高くはないので最短のラインにバナナを置きます。

 

上位になればなるほど最短ラインを通ってくる可能性が高いので、上手くいけば2位の相手がバナナを踏んでくれます。例え踏まなかったとしても、最短ラインを通ることができなくなるのでタイムロスを強いることができます。攻めのバナナで後続との距離を引き離そう!

 

アイテムの使い方まとめ

マリオカート8では攻撃よりも防御が重要です。前後の相手のアイテムを確認し、防御アイテムをどうするのか判断するだけでも安定性が大きく変わります。あとはダッシュキノコのもっとも効果的な使い方や、1位のときはバナナで攻めるとそのまま1位でゴールしやすくなります。

 

レートが高くなればなるほど1位を取ることは難しくなります。自分よりも走力が上の相手も多くなるので、2位や3位は取れても1位でゴールすることはそう簡単ではありません。バナナを使って最短ラインを潰し、走力の差を無くすことができれば1位でゴールも狙えるようになります。

ページTOPへ

ホーム RSS購読