マリオカート8 コース攻略動画-MK8.info

マリオカート8 加速と重さとスピードの考察

マリオカート8の加速と重さとスピードを考察 mk8.info

マリオカート8の加速を考察

マリオカート8のカスタマイズで小数点切り捨てと言われている加速について検証してみました。まずは2.75と2で試します。最高速は同じで、2.75がゴーストです。

 

加速の検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

あれ?微妙に2.75の方が速いですね。念のためコースとカスタムを変えても試したのですが、やはり若干2.75の方が速いです。しかし0.75差でこの差だとあってないようなものですね。

 

次に2.75のゴーストと3のカスタムで走ってみました。こちらも最高速は同じです。

 

加速の検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

2と2.75のときと比べると明らかに差があります。逆バージョンも試してみました。最高速は同じで、加速2のゴーストと1.75のカスタムです。

 

加速の検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

マリオカート8の加速のまとめ

マリオカート8のかそくの小数点の差はあってないぐらいの微妙な差なので、メモリにキッチリ合わせるようにしましょう。かそくを0.75増すぐらいなら他のステータスを重視した方が良いです。加速の1メモリ差は0スタートで7~8車体分ぐらいでしょうか。1回被弾するごとに加速が低いと7~8車体分ぐらい差が生まれると思うと良いと思います。

 

マリオカート8の重さを考察

小数点以下は切り捨てと噂されている重さについて実際にぶつかることで検証してみました。
重さ5のカスタマイズで4~5までの5つ重さのカスタムカートにぶつかっています。

 

さらに正確性を増した追加検証を行いました。
追加検証 重さの小数点切り捨て再検証

検証の結果、小数点切り捨てではないものの、その差はどちらとも言えない微妙な結果に。

 

重さの検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

下のタイルの色でズレがわかると思います。小数点切り捨てだとすると4~4.75まではすべて同じになるはずなんですが、4はあきらかにズレが大きいですね。検証は何度か行ったのですが、正直毎回同じ結果になるわけではありません。ぶつかる角度の問題なのか4.75が一番飛ばされたこともありました。しかし、傾向としては掲載しているような結果になります。

 

次にぶつかった5のカートのズレ画像です。

 

重さの検証

 

赤線は目安として真ん中のラインからのズレを示しています。実際にズレた距離ではないので注意して下さい。元の位置は右タイヤの内側が真ん中のラインの右端になるようにしていました。4でも1車体分は軽く飛ばされています。

 

各重さでの比較では5は同じ重量になるのでズレが大きくなっていて、逆に4だとあまりズレていませんね。4.75-4.25はほぼ同じですが、ぶつかったカートのカスタマイズの違い(カートの大きさ)も関係しているかも知れません。

 

最後にぶつかり精度の画像です。

 

重さの検証

 

そんなに精度は高くないのですが、5と4.5がほぼ同じ。4.75/4.25/4が同じようなぶつかり方になっています。検証のために逆に5のカートにそれぞれの重さのカートがぶつかったり別の重量で試したりとしたのですが、どうも重さに関しては小数点切り捨てではないのではないかと思います。

 

マリオカート8の重さのまとめ

まったく同じぶつかり方や、同じカスタマイズで重さを変えるということはできないので参考にしかなりませんが、mk8.infoではマリオカート8のおもさは小数点切り捨てではないと結論したいと思います。

 

マリオカート8の重さが小数点切り捨てであるというソースを探してみたのですが、探し方が悪いのか見つかりませんでした。もしご存じの方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。

 

さらに正確性を増した追加検証を行いました。
追加検証 重さの小数点切り捨て再検証

検証の結果、小数点切り捨てではないものの、その差はどちらとも言えない微妙な結果に。

 

雑記

重さの小数点切り捨てについては推測ではあるのですが、加速の検証時にカイトの違いで加速の0.25を調整しています。カイトを変えると重さも0.25増減するのですが、加速が0.25増減しても重さが0.25増減しても加速がメモリに達しなければ実際の加速速度はたいして変わらないため、加速と重さは小数点切り捨て、と結論され言葉が独り歩きしてしまったのではないかと思います。

 

しかし、重さはそもそも加速にはまったく関係ありません。加速が同じであれば重さが変わっても実際の加速速度は同じです。重い方が遅く、軽い方が速いなんてことはありません。これは他のステータスも同様ですね。同じスピードであれば重くても軽くても最高速は同じです。まがりやすさやすべりにくさも同じメモリであれば重くても軽くても操作感は変わりません。

 

マリオカート8のスピードを考察

マリオカート8のスピードはどのぐらいの違いがあるのか試してみました。加速は同じでスピードが4.75と3.75の1メモリ差です。スタートからなので最高速付近での差ではないですが、参考にはなると思います。

 

スピードの検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

次に加速5でのスピード2.25と1.25の1メモリ差です。こちらは加速を上げてスピードを下げ、さらにスタートダッシュを決めることでできるだけ最高速に近づけるようにしています。

 

スピードの検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

直線の距離が短いので分かり難くはありますが、徐々に差が開いていきますね。壁に激突するまでの約4~5秒間で1.5車体分ぐらいの差でしょうか。2車体分はないぐらいだと思います。コース1周平均を50秒として約10倍。1周無傷で走るとスピードの1メモリ差は15車体分ぐらい差が生まれるということになります。

 

次にスピードの小数点は有効なのか確かめてみました。

 

スピードの検証

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

微妙なので分かり難くはありますが、差はありますね。小数点が切り捨てなのは加速だけのようです。

 

マリオカート8のスピードのまとめ

マリオカート8のスピードは小数点有効です。0からの加速も加速が同じであればスピードが高い方が加速が速くなるので、同じ加速であればスピードが極力大きくなるようにカスタマイズすると良いと思います。加速のように短時間で差が生まれるものではないですが、無傷で1周走ると1メモリ差で15車体分ぐらいの差が生まれます。

ページTOPへ

ホーム RSS購読