マリオカート8 コース攻略動画-MK8.info

マリオカート8 重さの小数点切り捨て再検証

マリオカート8の重さの小数点切り捨て再検証 mk8.info

マリオカート8の重さの小数点が切り捨てかどうかさらに追加検証してみました。
検証の仕方は前回と同じで、重さ5のカートで重さ4~5と3~4にぶつかっています。前回はできるだけ重なるようにぶつけていたのですが、今回は少しズラしてぶつかるように調整しています。

 

前回のように重なるようにぶつけると前に押し出すようになったときに弾く距離がブレる感じだったので、少しズラすことで前への押し出しを減らしてブレが少なくなるようにしています。

 

また、それぞれキャラは固定で、スタンダードカートとゴールドカート、ノーマルタイヤとゴールドタイヤを使うことでカスタマイズのサイズの差を無くしています。

 

4~5 ワルイージ

重さ4-5

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。
5.00 ゴールドカート+ゴールドタイヤ+スーパーカイト
4.75 スタンダードカート+ゴールドタイヤ+スーパーカイト
4.50 スタンダードカート+ゴールドタイヤ+パラフォイル
4.25 スタンダードカート+ノーマルタイヤ+スーパーカイト
4.00 スタンダードカート+ノーマルタイヤ+パラフォイル

 

3~4 ヨッシー

重さ3-4

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。
4.00 ゴールドカート+ゴールドタイヤ+スーパーカイト
3.75 スタンダードカート+ゴールドタイヤ+スーパーカイト
3.50 スタンダードカート+ゴールドタイヤ+パラフォイル
3.25 スタンダードカート+ノーマルタイヤ+スーパーカイト
3.00 スタンダードカート+ノーマルタイヤ+パラフォイル

 

メモリに合った5と4.75、4と3.75の差が大きいですが、小数点が異なっても微妙に差があるようです。0.25ぐらいの差では大差ないですが、0.75の差である4.75と4、3.75と3ではタイヤ1個分ぐらいの差があるように思います。

 

次に5と4.75と4をそれぞれ3回ぶつけた時の比較画像です。精度のブレを考慮してはじめは5回行ってみようと思ったのですが、思ったより精度が出ているので3回にしています。上段から5、4.75、4となっています。

 

重さ比較

画像をクリックするとYoutubeで検証動画が見られます。

 

比較用に黒いタイルの角からタイヤまでを赤線で引いています。5と4.75の差を1とすると、4は1.25ぐらいの差になるようです。あとはこの差をどう捉えるかですね。加速の場合は4.75と5の差を1とすると4と4.75の差は0.01~0.02ぐらいでした。加速は小数点が0.75違ってもわずかな差だったので小数点切り捨てで問題なかったのですが、重さは0.75少なくなると0.25ぐらい飛ばされやすくなるようです。

 

重さの小数点を増すために加速がメモリを切るようにする必要はないですが、同じようなステータスならキャラを準重量(ドンキーコング/ワルイージなど)から重量(クッパ/ワリオなど)に変えて少し重さを増すといったカスタマイズは有りだと思います。

 

最後に精度出しの動画です。1回に付き5~10分ぐらい掛けてすべてこれぐらいの精度は出しています。時間が掛り過ぎるとゴールしてないのに勝手にフィニッシュにされるのが面倒でした(笑)。

 

 

ページTOPへ

ホーム RSS購読